業務の効率化はオフィスのリフォームで変えられる!

リフォームして業務効率を上げよう

オフィスリフォームとはどのようなものか

動線とはなにか

動線という言葉を聞いたことはありますか。
動線とは室内を人が移動する際の経路のことを指します。
ある工程から別の工程に移動する際に通る経路が短ければ短いほど、次の工程にすぐに移ることができます。
すると、全体として全ての業務を終わらせるのにかかる時間が移動経路が短ければ短いほど少なくなります。

このように、動線管理は業務を効率良く行うためにはとても重要なことなのです。
なぜなら、ここで言うある工程から別の工程に移動する際に通る経路こそがこの動線にほかならないからです。

そして、今回紹介するオフィス内のリフォームを行うことでオフィス内の動線を改善することができるのです。
次に、具体的な事例について見ていきましょう。

オフィス内の動線改善について

先程、動線改善が業務効率の向上につながるということを確認しました。
ここでは、更にオフィスでの業務効率改善につながる具体的な事例について見ていきたいと思います。

例えば、リフォームをすることで煩雑なデスクやパソコンの配置をより整理整頓したスッキリとしたものに整えることができれば、それだけでオフィス内の動線を改善することができます。

通常、従業員の方のオフィス内の移動は頻繁にあります。
もし、オフィス内がデスクや設備等で移動が難しくなっているのであれば、それぞれの従業員のデスク同士の移動や別の部屋への移動等の時に時間がかかってしまいます。
一度にかかる時間は微々たるものかもしれませんが、それが繰り返し行われるとなると無視できない時間の差になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る